妊娠中の坐骨神経痛について

こんにちは。

松戸 東松戸 産後 腰痛専門整体院 岩橋です。

 

今日は産後ママのお悩みで多い

坐骨神経痛です。

実は坐骨神経痛は病名ではないのです。病状なのです。

 

腰痛を我慢していたら坐骨神経痛なってしまったという人が多いかもしれません。

 

特に妊婦は出産の為に骨盤や恥骨が広がりお腹が大きくなります。

重心も下がり、骨と筋肉の位置がずれます。

出産の為ですから仕方ないのですが、この歪みに原因があります。

 

特に妊娠前から腰痛持ちだった

元々坐骨神経痛を持っていた

骨盤内に腫瘍などを持っている

という人は要注意かもしれません。

 

出産後ほとんどの人は治りますが、

元々腰痛になりやすい人だったりすると出産後も痛みが続くかもしれません。

 

お腹が大きくなる前に歪みを治しておいたり、

日頃から正しい姿勢に気を付けて、無理のないストレッチなどを行ってください

大切なお母さんと赤ちゃんの体です。

忙しいかもしれませんが自分を労わってあげて下さい♪

 

寝るときの姿勢も以前に書いた寝方と基本は同じです。

腰痛がある場合は横向きに寝ます。

痛みや痺れがある場合はそちらを上にして寝ます。

ただ、骨盤が前に倒れ過ぎないように気を付けて下さい。

余り前に倒れこみすぎると骨盤の歪みをさらにきつくしてしまいます。

 

抱き枕やクッションなどを利用してくださいね(^^♪

 

予防の為にマタニティヨガなんかもいいかもしれません。

妊娠中は痛み止めも飲めませんし、シップはいいという先生もいればダメという先生もいます。

でも出来れば使いたくないものです。

 

出来る限り予防して、それでもなってしまった人は軽減していきたいですね。

何事も早いうちに解決しておくことが良いです。

妊婦じゃなくても男性でも誰でもですね!

早いうちに治して将来更にひどくなることを防いでいきましょう(^^)/